HOME > よくあるご質問

増大・長茎・パワーアップに関するよくあるご質問

亀頭増大のメリットは何ですか?包茎が治る可能性はありますか?

男性の場合、成長の過程と時期には差があるものの、おおよそ成人する頃には性器の成長とともに包皮に包まれていた陰茎がペニスの勃起と共に亀頭が露出します。これには大きく個人差があります。10代の頃にその成長過程を経る人もいればサイズ次第では、勃起後にも包皮に覆われたままの人も当然存在します。それらは普段からの入浴で清潔にしていれば、性機能や体質上全く問題はありませんが、裏を返せば包皮周辺に恥垢が貯まる原因になり、また排泄時に炎症が起こりやすくなるなど衛生上の問題は勿論、ペニスのサイズは公共浴場や異性とのセックスの時といった際の自信の喪失に繋がってしまいます。亀頭が大きくなることで、男性としての包茎の治癒は勿論、男性としての自信やコンプレックス克服にも大きな効果があると言えます。

体内にコラーゲンやヒアルロン酸が吸収されてしまいませんか?

どちらも外部から注入した場合は時間の経過とともに吸収されて減少します。徐々にではありますが体内に吸収されていくため、効果を持続させるためには繰り返しの注入が必要です。逆に、もともと体内に存在する物質であるため分解吸収される事実は安全な治療だともいえます。吸収されにくいといわれる、もともと体内にない物質は異物反応を起こすなどの高いリスクを伴う場合があるからです。吸収されるために増大効果は長くないにしろ、コラーゲン・アミノ酸が亀頭に若干残るためにカリの部分が少し硬くなります。そのため早漏の防止と亀頭が強化され感覚をコントロールしやすくなる効果もあります。吸収されるまでの期間はかなり個人差が大きく、早い人だと約1週間というケースもありますが、大体6か月〜1年と言われています。

注入する物質は亀頭や陰茎に害がありませんか?注入する物質の量はどのくらいですか?

亀頭増大の経験が豊富な医師がおこなう場合には安心してまかせても大丈夫です。手術を希望する患者のペニスの状態に合わせて経験豊富な医師がヒアルロン酸やコラーゲンの注入量を決定し、無理な治療がおこなわれることはありません。無茶な治療で障害が起きたときに困るのは患者ですから、どうしても無理な治療の場合には手術を断わることもあります。どんな治療にも安全性が第一です。亀頭増大で使用されるヒアルロン酸やコラーゲンはすべて認可を受けている医療用のものを使いますのでご安心ください。またご質問の液体注入の量についてですが、個人差があるもののだいたい亀頭部分で2ccから4cc、陰茎部分で4ccから8ccくらいとなっています。あとで追加注入も可能です。

短く小さいペニスを気にして、人前で裸になるのが嫌です。どのくらいの長さ・大きさを期待できますか?

ペニスを大きくする方法としては、亀頭増大術があります。亀頭増大には、亀頭部分にヒアルロン酸やコラーゲンなどの注入材を注射で注入する手法が一般的です。
亀頭部分の大きさが増大されることによって、全体的な印象もかなり変わってくるものです。
多くの男性が抱えている悩みなので、恥ずかしがらずにクリニックに相談してみて、適切な施術方法などのカウンセリングを受けてみると良いでしょう。男性としての自信を取り戻すことができます。

早漏改善に効果があるのですか?

亀頭増大術を受ける事で、亀頭を硬くすることが出来るので早漏を効果的に改善させる事が出来ます。脂肪注入法による亀頭増大術は、自分の皮下脂肪を注入する治療法なのでペニス負担をかける心配がありません。それに副作用が無いので高齢者の方に最適です。コラーゲンを注入する治療法なら、短時間で治療を終える事が出来るので仕事が忙しいサラリーマンの方でも早漏治療を済ませることが可能です。亀頭増大術を受ける事で早漏が治るだけでなく、ペニスが立派になるので異性に男性としての魅力をアピールすることが出来るようになります。

注入の他に早漏を改善する方法はありますか?

シリコンボールや、シリコンリングをペニス部に挿入することにより、女性の満足度を高めることにより、早漏を改善しているケースも多数あります。シリコン挿入術により、安全・確実にペニスが強化され男としての自信が復活し、男としての責務を果たすことができます。

包茎に関するよくあるご質問

注入のしすぎで突っ張ってしまったりするような手術ミスが怖いです

その人に合った手術方法を選んで治療していきますので、そのような心配はございません。突っ張ったりするのは手術の失敗です。そのようなクレームが多い病院はやめておくほうがよいでしょう。注入しすぎるということもございませんので、安心して治療を任せて下さい。左右の違い等も考慮して治療を進めて参ります。ペニスがどちらかに曲がったり、皮がどちらかにたるんでいるような状態が影響してそうなるケースも考えられますが、当院では傷口も目立たない、痛くない、突っ張らない注入法を推進していますので、手術後もキレイです。麻酔家と共に治療に挑みますので、その辺りも安心して頂ける事だと思います。ぜひ、亀頭増大にチャレンジしてみてください。

手術時に痛みはありませんか?

治療は痛くならないように、麻酔を用いて行いますので心配はいりません。まず、治療を行う際に、患者の方が痛いがために動くといったことが発生しますと、精密な治療を行うことができませんし、そうしたことでミスが発生したらそれこそ一大事です。こうした理由から治療に際しては麻酔を用いますので痛みの心配はないです。なお、こうした麻酔というものは麻酔専門医が行います。これでも不安な患者の方は、カウンセラーに相談をしてください。こうしたカウンセラーに相談することで治療に対する不安というものは徐々に取り除かれていくことと思います。
こうした治療というものが不安になるという患者の方の気持ちは分かりますが、そうした理由のために治療を躊躇していては現状の改善には至りません。

亀頭を増大・強化することによって得られるメリットとは何でしょうか?

頭増大手術の一番のメリットは、やはり何といってもコンプレックスが解消されることです。
手術の相談に来る患者さんの中にもいわゆる「先細り」タイプのペニスがいやでたまらないという人が目立ちます。そういう方からはサウナや温泉、それにプールの脱衣所などでも堂々としていられるようになったと喜びのお便りが届いています。
また、亀頭を大きくすることで包皮がむけやすくなり軽い包茎症状でしたらついでに改善されることもよくあります。それにより亀頭部分が普段から下着に触れる機会が増えるので刺激に対して強くなり、女性との行為におよぶ時には早漏気味だった方も持続時間が長くなりこれも亀頭増大手術の大きなメリットと考えています。